2014年3月の映画 14本

2014年2月の映画 18本

2014年1月の映画 15本

2013年の映画 203本

(内訳)
洋画新作 50
洋画旧作 55
邦画新作 59
邦画旧作 39

費用合計 187600円(平均924.1円/1本)
時間合計 19077分(平均93.9分/1本)

2013年12月の映画 12本

2013-2014

去年は大晦日にこんなことを書いていた。→2012-2013

去年は「暇な時間多くて282本も映画観ちゃったよー」とか調子に乗って書いていたら、今年は見事に仕事にハマり忙しくなってしまった。今日これから1本観るかな?それを合わせても203本であり、まあ随分と減った。

いい映画は山ほどあった。音楽も。サッカーも相変わらずスタジアムに通い続けた。『あまちゃん』にもハマった。

更に未読の本と未見のDVD、ブルーレイは溜まる一方で、1年くらいは何も買わなくていいんじゃないかと思う。買うけど。

冬の陽射しは柔らかく居室に射し、外に出れば寒さも報えるだろうが暖房の効いた部屋ではそれも感じずに済んでいる。10年前は映画を1本、本を一冊、サッカーを1試合、CDを1枚、ライブに1回行く度に、それを文章に書いてわあわあと色んな感情を抱いたりしていたが、それもどんどん薄くなってきて、Twitterにゆるく書き散らす程度になってしまった。歳をとったなあという感慨にひたるまでもなく、明らかに、明瞭に、疑いの余地なしに、徹頭徹尾歳をとったのだ。

いつまでこんな日が続くのかはわからないし、仕事に忙殺されてるのか、仕事でボンヤリを防いでいるのかもよくわからない。自分の生活はマシになったとも思うし酷くなったとも思う。世の中もマシになったところもあるし、酷くなったとこもあると思う。運命論者ではないけど、自己決定論者でもない。来年も死ななければ生きているだろうし、そうであるならば少しでもマシであればとは思うけど。うん、そうだ、少しでもマシであるようにと。

今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

ホリーはフロリダのマイアミ出身
ヒッチハイクアメリカを縦断
途中で眉毛を抜きながら
スネ毛を剃ったら 女になった
坊や 冒険しなさいと彼女が言う

 『ワイルド・サイドを歩け』ルー・リード

空腹でもなく満腹でもなく
眠くもなく目覚めきってもいない
暑くもないけど寒くもない
楽しくもなく怒っているわけでもない
疲れてもいないし元気でもない
快適でもなく不快でもない
しあわせでもなくふしあわせでもなく
何もしたくないけどどうしていいのかわからない

決めた今日からわたしは鼻を見る
見つめず薄目でまっすぐ鼻を見る

 『鼻』by 山本精一PHEW

2013年11月の映画 12本

今頃になって11月分メモ。忙しかったもんなあ。。